ゴミ屋敷を業者に片付けてもらうのが“恥ずかしい”より大切なこと

ゴミ屋敷になってしまった我が家を片付けたくても他人に迷惑をかけたくない、家を見られたくない、そもそも面倒……色々な感情があるかと思います。しかし、恥ずかしいからと言って放置していてはこの先何が起こりどんなデメリットがあるのかお分かりでしょうか?一歩を踏み出す為に大切な情報をお届けします。

業者は気にしていないどころかゴミ屋敷であればあるほどウェルカムな事実

まず大前提として、業者は現場に慣れています。そして、汚い部屋であればあるほど、売上があがるビジネスチャンスであり、それは良いお客様。お客の心理とは全く真逆であることは理解しておくべきです。これは自分で片付けをしたり、知人・友人に頼むのとは全く逆なんですね。

そして、経験豊富な業者であればあるほど、お客様が恥ずかしがる心理も熟知しており、その為の必要なフォローの仕方も知っています。

ただ、ゴミ屋敷や汚部屋掃除の代行業者は数多く、中には遺品整理や不用品回収業がメインで片付け後の清掃やフォローまで気が回らない業者もあります。そういった意味ではゴミ屋敷の掃除の経験が豊富で気遣いのできる業者であることが望ましいのは言うまでもありません。

ウソをついても結局バレる 無駄なストレスは不要

時折、ゴミ屋敷にしたのはあたかも知人や親族で、自分は頼まれた・同居人がいなくなってしまったから、というように振る舞う方がいるそうです。これは父親の家の片付けを依頼した私がスタッフに実際に聞いた話ですが、そんな一時しのぎの方法なんてすぐバレるそうです。

なぜなら、ゴミ屋敷を片付ける際には、捨てて良い物・捨ててはいけない物、といった分別が必ずあるから。

なぜ他人の物の捨てる捨てないを判断できるのか、〇〇があの辺にあったはず……など、どうしても住民にしか分からない情報が節々に出るものです。

ゴミ屋敷の片付けの際は、スタッフとのコミュニケーションは必須で、経験豊富な業者ならどうしたってウソかどうか分かります。そして、それでもウソをつき続ける方を何人も見ているそうです。それって、何よりお客さん自身がツライことなんじゃないか、と。

『ウソをつき続けるストレスは勿論、片付けたあとのアフターフォローがきちんとできなくなる。それは決して私たちも望む形ではないし、こちらは全く気にしないから正直な方がいい。』

と仰っていました。ゴミ屋敷化は単なる片付け方法の問題ではなく、精神的な要素がとても強い問題です。本当に必要なのは小細工ではない、ということは覚えておいて頂きたいところです。

ご近所バレは勘弁 それこそプロの出番

業者を呼んだらゴミ屋敷を片付けているところがバレて、恥ずかしすぎる!!そう思われる方も多いようですが、そんな時こそプロの業者の出番です。

なぜなら、夜間や早朝に一気にゴミ出しが出来たり、ゴミを引っ越しのように梱包してから運び出すサービスを行っているからです。

これが個人(+友人・知人)ではどうでしょう?手伝ってもらえばその方の口からどう周囲に伝わるか分かりませんし、ゴミを出せる時間も決まっていれば、量を隠すことも出来ません。

“恥ずかしい”という思いがあるからこそ、プロに頼むべきなのです。

ゴミ屋敷を放置すればこうなる 知って欲しい悲惨な末路

そんなことを言われても、どうしても無理、という方に知って欲しいことがあります。それは、ゴミ屋敷を放置し続けた人たちは最終的にどうなってしまうのか、についてです。

火事を起こして損害賠償1000万円超

愛知県豊田市で2015年8月に実際に起きた事例です。住人の男性は再三の行政からの注意・行政代執行によるゴミ処分があったにも関わらず繰り返し自宅をゴミ屋敷化させていたのですが、最後は蚊取り線香の火が元で火災が発生。隣家4軒に燃え広がった結果、損害賠償金816万円、ゴミ撤去費用として行政へ300万円の費用を支払うこととなり、自宅の土地を売ることになりました。

ゴミ屋敷ならではの鍵となるポイントが3つあります。

・蚊取り線香は、ゴミ屋敷の害虫発生が無ければ必要なかったのではないか

・ゴミが溢れかえる部屋でなければここまで延焼しなかったのではないか

・火災前、2度のゴミ撤去があった際に適切なアフターフォローがあれば防げた悲劇なのではないか

という点です。火災の損害賠償金は勿論のこと、行政によるゴミ撤去費用だって本来高額で不要なものです。もっと以前から適切なフォローのあるプロの業者に頼み、片付いた部屋の維持まで指導・関心を寄せてくれる人がいれば……と思わざるを得ない事件でした。

幼児虐待で2児が死亡 大阪2児餓死事件

『子宮に沈める』という映画の題材にもなった事件で、母親が幼児ふたりを自宅に1ヶ月以上放置して男性の下に身を寄せていた結果、2児が餓死してしまったというものです。

一見ゴミ屋敷とは何の関係もない話のように思えますが、幼児虐待とゴミ屋敷化には関連性があるとも疑われていて、様々な精神疾患が根底に潜んでいます。

今までゴミ屋敷化した部屋で子育てしてる例何件も見たけどやっぱりお母さんたち疲れ果ててます(物理的にどうこうではなく人間そのものが壊れかけてるような)これいつ事件になってもおかしくないのではと思う例もありました。

引用:幼児虐待とゴミ屋敷とメシ

本来、ゴミ屋敷化した家で子育てをすること自体がネグレクトだと指摘する声もありますが、この事件では結果的に最悪の事態となってしまいました。もしも我が子たちのことを少しでも思う気持ちが残っているなら……恥ずかしいなどと言ってる場合ではありません。答えは一つです。

孤独死の事例は星の数ほど ゴミ屋敷=死は決して大袈裟ではない

大阪市浪速区大国町で孤独死 ゴミ屋敷見積

本日は大阪市浪速区大国町で孤独死ゴミ屋敷の見積と、大阪市西成区天下茶屋東で見積。いつもお声をかけて下さる不動産管理会社様から見積依頼。孤独死だけにゴキブリなどが何千匹もウヨウヨしていました。。゚(゚´Д`゚)゚。 引用:パワークリーン

上記の事例はゴミ屋敷片付け業者からの1情報で、特に全国ニュースになっているわけではありません。逆に言えばそれほどありふれていてニュースにもならないということです。実際、『ゴミ屋敷 孤独死』などと検索すれば、事例は日本全国は勿論、海外に至るまで、いくらでも事例が出てきます。

死亡原因は病死が最も多いようですが、中にはゴミが崩れてきて押しつぶされる・2階の床がゴミの重みで抜けてしまい圧死、といった事例も。

ゴミ屋敷で暮らすことは不衛生極まりなく、確実に心身を蝕んでいきます。その結果待っているのは、悲惨な孤独死……それでもあなたは“恥ずかしい”を優先するのでしょうか。

恥ずかしいより優先すべきはゴミ屋敷からの脱出

そもそも恥ずかしい原因はなんでしょう。当たり前ですが、目の前にある大量のゴミです。そして、そんな状態が恥ずかしい事だと分かっている自分です。

ならばどうするか、答えは一つ。片付けるしかないのです。決して、保留ではありません。必ず保留=悪化=今より悲惨な未来が待っています。

そして、程度にもよりますが、このページをご覧になっている方は『自力でなんとかしよう』よりも『楽に片づけたい』が上回っているはず。だからプロの業者に頼りましょう。

軽度のゴミ屋敷は自力片付け可能だが……業者が圧倒的に早い

ゴミ屋敷の片付けは、家の床が見える程度のレベルなら自力でも十分可能でしょう。費用をかけない方法としても、まずは自力での片付けにトライして頂きたいところです。

ただ、それでもどうしても一人で掃除するのは多大な労力と時間を要します。途中で挫折してしまうケースも少なくありません。

そもそも、それが出来ないからゴミ屋敷化してしまっているのであって、『片付けられない自分』を認めて業者に依頼し、まずは綺麗な状態に戻すことこそが『片付けられる自分』への第一歩であることも知って欲しいところです。

汚部屋からの自力の脱出 まとめ

  • まずは日常ゴミから退治していく
  • コンビニ弁当一つも家に持ち込まない
  • 捨てる・保留・キープ、の3分別を徹底する
  • 1週間に1日だけゴミ片付けの日をルール化する。
  • 自分へのご褒美も忘れずに

引用:東京都在住OLの汚部屋からの脱出!片付け業者に依頼したら世界が変わった♪

私が見つけたサイトでは自力片付けのコツとしてこのような方法が紹介されていました。その他にも有名な方法として断捨離があります。しかし、それらはある程度片付いている部屋だからできること。その状態を作り出す為の『投資=ゴミ屋敷片付けを業者に依頼』を惜しんで悲惨な最後とならないことこそが肝要だと感じます。

プロの業者はどこを選ぶ?費用を抑えるなら相見積もり

ゴミ屋敷の片付け業者を選ぶ際には、相見積もりといって、まずは無料見積もりをする為に現地まで何社かに来てもらい、比較検討することが大切です。多少の手間はかかりますが、費用を抑えたいならばこの方法が間違いなくベストです。

大阪のゴミ屋敷片付け業者についてはこちらをご覧ください。

ただし!“恥ずかしい”は安かろう・悪かろうの業者では解消されない

費用を抑えることは大切ですが、その上で知っておいて頂きたいポイントとしては『安かろう・悪かろう』の業者では、『恥ずかしい』も解消されないということです。

それは、本当にただ片付けるだけだから安い、という業者が少なくないからです。ゴミを運び出す時の配慮も無し、片付け中のコミュニケーションも無し、片付け後の生活に対する心理的・テクニック的なアフターフォローも無し、これでは一度費用を安く抑えたからと言って、火災を起こしてしまった人の事例のように再びゴミ屋敷に戻ってしまいます。

ゴミ屋敷になってしまう方の多くは、何らかの精神的な原因を抱えていて、それは単にゴミが無くなれば片付く問題ではない。それを本物の業者はよく知っています。

パワーズ公式サイトはこちら
  • 相見積もりで他社より高い場合、最安値保証
  • 不用品の中から使える物は買取可能
  • 各種クレジットカード決済可能
  • 家電・家具ゴミの個別費用明示
  • 即日対応も可能

私は自分でゴミ屋敷清掃を依頼したのはこちらのパワーズさんしかありませんので、他社の実際の作業ぶりを評価することは出来ませんが、少なくともこちらの会社はアフターフォローまで真剣に考えてくれるところでした。私の場合、恥ずかしいという気持ちは無かった為、あまり気にした事はありませんが、ここならそういった相談にも乗って頂けるはずです。

また、クレジットカード対応なので、分割払いも可能、不用品の買取もあるので、売却できる物があれば費用を抑えることもできます。そして、相見積もりで他店比較の際に、最安値を保証しているということで、少しの努力で費用を抑えることが出来ますので、まずは問い合わせてみるのをオススメします。