遠方のゴミ屋敷を片付けたい!最適な依頼の仕方と業者選びのチェックポイント

ゴミ屋敷は何も自宅だけの問題ではありません。遠方に住む親が認知症を患って……親族の一人が急に連絡が取れなくなったと思ったら……自分の子どもを一人暮らしさせたら……自分自身は無関係でも、青天の霹靂のように突然ゴミ屋敷問題に対処しなければならない場合もあります。

そんな時頼りにしたいのはゴミ屋敷の片付け業者。しかし、自分は遠方で立ち会えない、そんな時、どうやって依頼していけばいいのか、実際に遠方の親のゴミ屋敷掃除を業者に依頼した管理人が実体験を交えて解説していきます。

遠方ならではの不安点

まず遠方のゴミ屋敷になると何が問題なのかと言えば

  • 自分にも生活があるから細かく関われない
  • 交通費も時間もかかり毎回現地に足を運んでられない
  • 時間が限られている中で自力での掃除が難しい

こういった問題があげられます。サポ-トしたい気持ちはあっても、現実問題として時間がそれを許してくれないというケースは少なくありません。また、事情によっては逆に関わりたくないから出来ればお金で解決して欲しい、そんな案件もあったりします。

遠方とは言え放置できない理由

では遠方のゴミ屋敷は、自分には関わりがないから、と放置して良いかと言えば全くそんなことはありません。

高齢の親が住む家であれば、不衛生な環境は孤独死を招く一因にもなりますし、万一お亡くなりになった場合、放置されたゴミ屋敷の整理と遺品の整理、相続などの手続きなど、あらゆる問題が一気に襲ってきてしまいます。

また、住んでいる本人は元気であっても、ゴミ屋敷化が進行していけばいずれ近隣の方にバレて悪臭・害虫の発生などで多大な迷惑をかけた結果、行政からの勧告・命令・行政代執行という結末が待っています。

いずれにしても、ゴミ屋敷の問題は放置すればするほど事態は悪化するだけ。事態を認識したその日からすぐに対処すべき問題なのです。

ゴミ屋敷の片付け業者は遠方からでも依頼できるのか

ご自身で片付ける時間は取れない。そんな方が遠方のゴミ屋敷を片付ける為には、片付け業者の力を頼ることです。遠方からでも依頼は可能です。

ゴミ屋敷の清掃依頼は、具体的には下記のように進んでいきます。

  • 手順1
    業者へ連絡し見積もり依頼
    まずはゴミ屋敷に近い場所にある清掃業者を探して、見積もり依頼を行います。
  • 手順2
    現地見積もり
    原則として見積もり依頼をした後はご本人立ち合いの下、現地の調査を行い最終的な金額を決めます。しかし、遠方でどうしても立ち会えないという場合には、カギを渡した上で中に入ってもらい、写真や動画を通じて見積もり依頼を出すことも可能です。
  • 手順3
    契約
    見積もり後の内容と金額に納得がいけば通常はその場でサインして契約です。遠方の場合は郵送による契約書を締結した上で料金は振込という形もあります。
  • 手順4
    掃除当日
    通常は立ち合いますが、見積もり時と同様に遠方の場合写真や動画だけで済ますことができます。
  • 手順5
    清掃終了確認・支払い
    片付けが完了したら部屋の写真・動画で確認し、料金を支払います。

上記の遠方からの依頼に対応できるかどうかは業者次第です。また、トラブル回避のためには出来る限り立ち合うのが基本であって、特に清掃当日だけは出来る限り立ち会うのが望ましいです。

尚、住人がいれば事前に連絡をしておいて、依頼者は遠方の自分、住人が立ち合い、といった形も勿論可能。まずは柔軟かつ丁寧な連絡を欠かさない片付け業者を見つけることが肝要です。

遠方のゴミ屋敷片付け業者はどうやって選ぶ?

では、実際にどんな業者に依頼すればいいのかですが、ファーストコンタクトの段階で、必ず下記を問い合わせて下さい。

  • 事情は可能な限り業者に伝える
  • 立ち合い出来ないならその理由も伝える
  • 写真や動画で見積もり時・作業前後の動画・写真をもらえるか確認する
  • 具体的な清掃内容を確認(クリーニングはどこまでやるのか)

上記4点は最低でも確認しておいてください。特に、写真・動画の有無は立ち会わないからこそトラブル回避のために重要です。

また、中には自身の事情を伝えたくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、出来る限り詳細に伝えた方が良いです。と言うのも、賃貸であれば大家さん、そうでなくとも近隣住民との関係など、ゴミ屋敷はすでに関係各所に影響を与えているケースが多いです。そうなった際に、ただゴミを撤去するだけでいいのか、クリーニングもしくはリフォームまで含めてどこまでやるべきか、というのは事情を正確に知らなければ業者側も判断できません。

遠方からの依頼だけに、出来ることなら片付け後は全ての問題をクリアしておきたい。だからこそ、事前に事情をきっちり伝え、ただゴミを片付けるだけでなく、『ゴミ屋敷という問題』そのものを解決する為に何をするべきなのか、業者とあなたが一丸となって取り組む必要があるのです。

上記の条件を満たしている清掃業者はパワーズ

管理人は住まいが東京、親の実家(大阪)がゴミ屋敷化してしまい、片付けを依頼しました。私の場合、清掃当日は立ち会いましたが、事前のやり取りの中で、写真や動画での連絡についても可能だとのことでした。

パワーズさんは若いスタッフが多く作業もスピーディですが何より有難かったのが憔悴していた住人である父の精神的なフォローです。片付けて当日、大変親身になって正に『ともににゴミ屋敷問題を片付ける』という姿勢を打ち出して下さいました。

勿論、他にも優良業者はあるかと思いますが、管理人その他の業者は実際の対応まで見ていないので触れることは出来ません。こちらのページにて大阪のゴミ屋敷片付け業者の一覧・口コミ・評判などを掲載していますので、参考にしてみて下さい。

ゴミ屋敷の片付けにかかる費用はいくら?

ゴミ屋敷の清掃にかかる費用というのは、本当に状況によって千差万別です。下記ページでは具体的な状況を交えて実際の料金例を記載していますので、ご自身の状況に近いものを見つけて参考にしてみて下さい。

ケース別 ゴミ屋敷掃除の費用実例&詳細について

料金を安くするコツはある?

ゴミ屋敷の片付け費用は、状況にもよりますがかなり高額になるケースも珍しくありません。少しでも料金を安くしたいというのは当然のこと。そんな時オススメするのが『相見積もりを取った後、最安値保証の業者に依頼する』という方法です。

遠方のゴミ屋敷の場合、住人がいれば当人の許可も必要ですし、全ての方に可能な方法ではないかもしれませんが、出来る限り多くの業者に見積もりをしてもらい、その上で値引き保証をしているパワーズさんに依頼すれば、最安値での片付けが可能です。

また、本来であれば料金が高くなる理由となる

  • 飲み残しのペットボトル
  • 生ごみ
  • 捨ててはいけない物の分別

上記を事前に処理しておくのが安くするコツです。遠方のゴミ屋敷では難しいところもありますが、少しでも工夫して、片付け費用を抑えて下さい。